〒299-4301 千葉県長生郡一宮町一宮3351 [電話]0475-42-2026 [FAX]0475-42-7779
 

【教育目標】 心身ともに健康で人間性豊かな実践力のある子どもの育成をめざす



校庭
 
学校の行事写真
最近の行事 >> 記事詳細

2019/09/05

賞状伝達、職員紹介

| by:管理者1
 始業式の前に職員紹介と賞状伝達が行われました。
賞状伝達では、千葉県小中高席書会や夏休み中に行われた水泳部、金管部の大会において素晴らしい賞を頂き、たくさんの児童が表彰されました。

2学期からジョセフ先生に変わり、デイビット先生が一宮小学校に来てくれました。
デイビット先生と一緖に、楽しく外国語活動に取り組んで行きたいと思います。
また、育児休暇中だった岩瀬先生が2学期から復帰しました。
主に1年生、2年生の少人数指導を担当します。

      

      



16:34

下記は,一宮小学校のURL用QRコードです。
 
 携帯等で読み取ればURLを入力する手間が省けますのでご利用下さい。

 「トップページ」のURLです。

 http://ichinomiya-e.com

 

一宮小学区の文化財


玉前神社社殿と棟札
(たまさきじんじゃしゃでんとむなふだ)
 【千葉県指定有形文化財】

 平成8年3月22日指定
     一宮町一宮 玉前神社

十一面観音菩薩立像
(じゅういちめんかんのんぼさつりゅうぞう)
【千葉県指定有形文化財(彫刻)】

平成15年3月28日指定
      一宮町一宮 観明寺
 仏像の大きさは総高151cm、年代は像内部の墨書銘から弘長3年(1263)と判明しています。
作者は鎌倉時代中期に房総地域で活躍していた仏師の蓮上で、カヤ材を用いた寄木造りで内部をくりぬき、首を体部に挿し込んでいます。
表面は錆地塗りで、体は金泥塗り、着衣部には漆箔がほどこしてあります。
十一面観音は通常、二臂(にひ・2本の腕という意味)ですが、本像は千倉町小松寺の十一面観音菩薩坐像(国指定重要文化財)や岬町清水寺の十一面観音菩薩立像(県指定文化財)と同様に、珍しい四臂(4本の腕)となっています。
この作者の仏像は市原市にも確認されていて、鎌倉時代中期に房総地域で活躍した仏師の作品として貴重なものです。
    一宮町役場HPより