〒299-4301 千葉県長生郡一宮町一宮3351 [電話]0475-42-2026 [FAX]0475-42-7779
 

学校沿革史


 
 明治6年12月 一宮藩崇文館を仮校舎として一宮西小学校
筆学所を仮校舎として一宮東小学校を開設
 明治11年8月 東小を西小に合併、一宮小学校となる
 明治14年11月 公立一宮小学校となる
 明治20年 一宮本郷村立一宮尋常高等小学校となり、
 明治27年3月 一宮町立一宮尋常高等小学校設立
 大正4年7月 4年生以上に水泳指導開始
 昭和10年 校舎落成 校地拡大
 昭和11年
 校章制定
 昭和16年 長生郡一宮町国民学校と改称
 昭和22年4月 新学制実施に伴い一宮町立一宮小学校と改称
 昭和25年 全国学校衛生大会にて給食優良校受賞
 昭和36年11月 子ども県展で県下一位となり、以後30年間学校賞を受賞する
 昭和38年4月 特殊学級を設置
 昭和43年8月
 PTA文部大臣賞受賞
 昭和44年2月 全国美術展で教育美術振興会長賞受賞県議会表彰
 昭和44年3月 校歌「おーいと呼ぼうよ」制定披露式挙行
 昭和45年2月 全国美術展「高松宮殿下賞」受賞
 昭和46年4月 言語治療教室開設・校章制定(高松宮殿下賞受賞を記念し、町より 贈られる)
 昭和47年2月 全国美術展「文部大臣賞」受賞
 昭和48年2月 給食室完成、全校給食開始
 昭和50年3月 体育館落成
 昭和51年3月 校歌歌碑完成
 昭和51年7月 プール竣工式
 昭和53年9月 第1校舎落成式 健康優良学校賞受賞
 昭和55年4月 一宮学園内に一宮小特殊学級を設置
 昭和57年12月 第1校舎増築工事完成
 昭和60年4月 一宮学園内特殊学級を解消、本校舎に合併
 平成2年2月 東日本金管楽器フエスティバルに出場
 平成4 年11月 創立120周年記念式典を挙行,一宮小タワー設置
 平成13 年4月 県教育委員会より「夢をはぐくむ教育推進地区」の指定を受ける
 平成14 年2月 「歯科指導優良校」受賞
 平成17年3月 北校舎完成
 平成17年11月 南校舎大規模改修完了
 平成17年12月 仮設校舎撤去完了
 平成19年8月 城山崖崩落防止工事完了
 平成23年6月 校庭土留め工事完了
 平成26年2月 体育館耐震工事完了
 平成26年4月 「地域における食育推進事業」の研究指定を受ける 
 平成26年7月 「NIE」推進事業の研究指定を受ける 
 平成28年2月
 ロボットプログラミング教室実施
 平成28年12月 グランド改修設計完了
  
  
  
  
  
  
  
  
  
  
 


 
 
 
 
 
 
 
 

一宮小学区の文化財


玉前神社社殿と棟札
(たまさきじんじゃしゃでんとむなふだ)
 【千葉県指定有形文化財】

 平成8年3月22日指定
     一宮町一宮 玉前神社

十一面観音菩薩立像
(じゅういちめんかんのんぼさつりゅうぞう)
【千葉県指定有形文化財(彫刻)】

平成15年3月28日指定
      一宮町一宮 観明寺
 仏像の大きさは総高151cm、年代は像内部の墨書銘から弘長3年(1263)と判明しています。
作者は鎌倉時代中期に房総地域で活躍していた仏師の蓮上で、カヤ材を用いた寄木造りで内部をくりぬき、首を体部に挿し込んでいます。
表面は錆地塗りで、体は金泥塗り、着衣部には漆箔がほどこしてあります。
十一面観音は通常、二臂(にひ・2本の腕という意味)ですが、本像は千倉町小松寺の十一面観音菩薩坐像(国指定重要文化財)や岬町清水寺の十一面観音菩薩立像(県指定文化財)と同様に、珍しい四臂(4本の腕)となっています。
この作者の仏像は市原市にも確認されていて、鎌倉時代中期に房総地域で活躍した仏師の作品として貴重なものです。
    一宮町役場HPより