〒299-4301 千葉県長生郡一宮町一宮3351 [電話]0475-42-2026 [FAX]0475-42-7779
 

学校概要

1 学区の概要
  本町は、房総半島の外洋九十九里浜最南端の位置にある。
 町の歴史は古く、貝塚や円形
古墳横穴群など遺跡や伝説などが数多く残されている。戦国の世には里見氏に支配されていたが、江戸時代の中期享保年間には加納遠江守久通の所領となり、幕末まで8代140年間、1万3千石の一宮藩の城下町として栄えた。
 主な産業は、稲作を中心とした農業で、梨作りやキュウリ・トマト・メロン栽培も盛んである。学区民の多くは、教育に対する理解と関心が高い。また、JR外房線上総一ノ宮駅が特急列車の停車駅であることや、道路網等の急速な整備により、首都圏への通勤が可能となり、移住者が増えている。
 また、町は2020年東京オリンピックのサーフィン競技会場となっている。


2 学校経営の方針
 夢の実現に向け、志を持ち、本気で頑張る子どもを育てる。
 子どもたちの夢の実現を支えるよりよい教育環境、教育基盤の充実を図る。
 
 
3 学校教育目標
    心身ともに健康で 人間性豊かな  実践力のある子どもの育成

   めざす教師像
~チーム一宮~
 ◇ 子どもを愛し、子どもとともに歩む教師
 ◇ 使命感と責任感にあふれ、分かりやすい授業をおこなう教師 
 ◇ 協調して仕事に取り組み、率先垂範する教師

   目指す児童像
~笑顔にあふれ、本気で頑張る一宮っ子~
 ◇ きまりを守りやさしくできる子ども(笑顔)
 
◇ 進んであいさつができる子ども(あいさつ)
 ◇ いっしょうけんめいに勉強する子ども(本気)

   目指す学校像 
~みんなの誇り一宮小学校~
 ◇ 安全で安らぎのある学校
 ◇ 子どものよさと可能性を伸ばす学校

 ◇ 楽しく学ばせながら、基礎学力を身につける学校
 

一宮小学区の文化財


玉前神社社殿と棟札
(たまさきじんじゃしゃでんとむなふだ)
 【千葉県指定有形文化財】

 平成8年3月22日指定
     一宮町一宮 玉前神社

十一面観音菩薩立像
(じゅういちめんかんのんぼさつりゅうぞう)
【千葉県指定有形文化財(彫刻)】

平成15年3月28日指定
      一宮町一宮 観明寺
 仏像の大きさは総高151cm、年代は像内部の墨書銘から弘長3年(1263)と判明しています。
作者は鎌倉時代中期に房総地域で活躍していた仏師の蓮上で、カヤ材を用いた寄木造りで内部をくりぬき、首を体部に挿し込んでいます。
表面は錆地塗りで、体は金泥塗り、着衣部には漆箔がほどこしてあります。
十一面観音は通常、二臂(にひ・2本の腕という意味)ですが、本像は千倉町小松寺の十一面観音菩薩坐像(国指定重要文化財)や岬町清水寺の十一面観音菩薩立像(県指定文化財)と同様に、珍しい四臂(4本の腕)となっています。
この作者の仏像は市原市にも確認されていて、鎌倉時代中期に房総地域で活躍した仏師の作品として貴重なものです。
    一宮町役場HPより