〒299-4301 千葉県長生郡一宮町一宮3351 [電話]0475-42-2026 [FAX]0475-42-7779
 
新着情報
 

お知らせ

表示すべき新着情報はありません。

日誌

マイクロプラスチック問題について
パブリックスペース
3年生 スーパーマーケット
パブリックスペース
2年生 ビーチコーミング
パブリックスペース
令和元年度校内研修計画
パブリックスペース

【教育目標】 心身ともに健康で人間性豊かな実践力のある子どもの育成をめざす



校庭
 
学校の行事写真
最近の行事
12345
2019/10/15new

マイクロプラスチック問題について

| by:管理者2
 5年生は、総合的な学習の時間で「海洋ごみ問題」について学習しています。先日は、釣ヶ崎海岸へ行き、海岸の様子を観察しつつ、ごみ拾いもしてきました。拾ってきたごみを分別すると、プラスチックごみが多いことに気が付きました。
 そこから、5mm以下となったプラスチックは、マイクロプラスチックと呼ばれることを知り、このマイクロプラスチックが環境にどのような悪影響を及ぼすのかを考えました。
 「魚が死んでしまう」「漁師さんが困る」等、様々な意見が出ました。この意見を踏まえつつ、これからグループに分かれて、さらにマイクロプラスチック問題について調べてまとめていきます。
   

   

13:33
2019/10/08

3年生 スーパーマーケット

| by:管理者2
 3年生は、社会科の学習で「スーパーせんどう」に行ってきました。働く人の様子、店内の様子などを見学しました。
 お寿司を作っているところや、パンを焼いているところなど、普段は立ち入ることのできないバックヤードも見せていただきました。商品の並べ方や様々な工夫など、お店の方から教えていただき、たくさんのことを学ぶことができました。
 また、子どもたちは家の人から頼まれた品物を手に取り、セルフレジでお会計をしてきました。ご協力してくださった「スーパーせんどう」のみなさま、本当にありがとうございました。
    

    

13:27
2019/10/08

2年生 ビーチコーミング

| by:管理者2
 2年生は、一宮海岸へビーチコーミングに行ってきました。
ビーチコーミングとは、海岸などに打ち上げられた漂着物を収集したり、観察したりすることです。拾ってきたものが、山のものなのか、海のものなのか、人間からのものなのかを考えながら分別しました。
 これから、漂着物を使って工作する予定でいす。何ができるのか楽しみです。

    

    

12:24
2019/09/10

上総国一宮まつり

| by:管理者1
上総国一宮まつりでマーチングを披宴しました。
4年生から6年生までのマーチングクラブと金管部が参加し、心をこめて演奏しました。
夏休み前から練習してきた成果をたくさんの方々に見て頂きました。
暑い中でしたが、たくさんのご声援ありがとうございました。
  
 
  
 
16:37
2019/09/05

避難訓練(地しん)

| by:管理者1
 
地しんを想定した避難訓練が行われました。
今回は、業間休みに地しんが発生した事を想定し訓練が行われました。

校庭にいる児童や教室にいる児童、それぞれがその場での身の守り方で
一時避難をしました。その後、校庭に避難しました。

校長先生からは、「周りのものが落ちてこないか、移動してこないか、たおれてこないかを確認し避難しましょう」とお話がありました。
安全主任の秦先生からは、おすしもの確認と「放送と先生の話をよく聞いて避難しましょう」とお話がありました。

自分の命は自分で守れるよう日頃から意識をして、生活していきましょう。

       
                       
       
17:05
12345

下記は,一宮小学校のURL用QRコードです。
 
 携帯等で読み取ればURLを入力する手間が省けますのでご利用下さい。

 「トップページ」のURLです。

 http://ichinomiya-e.com

 

一宮小学区の文化財


玉前神社社殿と棟札
(たまさきじんじゃしゃでんとむなふだ)
 【千葉県指定有形文化財】

 平成8年3月22日指定
     一宮町一宮 玉前神社

十一面観音菩薩立像
(じゅういちめんかんのんぼさつりゅうぞう)
【千葉県指定有形文化財(彫刻)】

平成15年3月28日指定
      一宮町一宮 観明寺
 仏像の大きさは総高151cm、年代は像内部の墨書銘から弘長3年(1263)と判明しています。
作者は鎌倉時代中期に房総地域で活躍していた仏師の蓮上で、カヤ材を用いた寄木造りで内部をくりぬき、首を体部に挿し込んでいます。
表面は錆地塗りで、体は金泥塗り、着衣部には漆箔がほどこしてあります。
十一面観音は通常、二臂(にひ・2本の腕という意味)ですが、本像は千倉町小松寺の十一面観音菩薩坐像(国指定重要文化財)や岬町清水寺の十一面観音菩薩立像(県指定文化財)と同様に、珍しい四臂(4本の腕)となっています。
この作者の仏像は市原市にも確認されていて、鎌倉時代中期に房総地域で活躍した仏師の作品として貴重なものです。
    一宮町役場HPより