〒299-4301 千葉県長生郡一宮町一宮3351 [電話]0475-42-2026 [FAX]0475-42-7779
 
学校の行事写真
最近の行事
12345
2021/02/26

「 第6学年SDGsを学ぶ授業」

| by:管理者1


 6年生は、これまで
SDGs(持続可能な開発目標)の学習に取り組んできました。
今回は、2年間続けてきたSDGsの学習や取組の集大成として、SDGs係が
自分たちで作成したPowerPointやすごろくを使用して活動の紹介や啓発活動を行いました。


 この「SDGsすごろく」は、SDGs係が制作し、一宮町の特色も加えられたオリジナルの

すごろくです。児童は、楽しみながらSDGsや千葉県のことについて学ぶことができました。

 


08:49
2021/02/19

千葉県標準学力検査

| by:管理者1

 2月18日・19日の2日間にわたり、千葉県標準学力検査を実施しました。
 今年度から5.6年生には、英語が追加されました。

 近隣の市町村では、長期休暇の短縮や県民の日の登校を実施し、
規定の授業時数確保をめざしていましたが、一宮小では、6月から11月まで7時間授業を実施し、
他市町村立小学校を上まわる時数を確保しました。

 今回の学力検査の分析結果をもとに、
習熟が不充分と見られる学習領域については、補習・復習に努めていきます。

 
15:30
2021/02/17

空気清浄機をいただきました

| by:管理者1

 新型コロナウイルス感染対策として、国からの補助金にの活用に加え、
町にお住まいの方からの寄贈により各教室及び特別教室に空気清浄機を設置しました。

 この空気清浄機により、空気の浄化、菌やウイルスを分解・除去する効果が期待されます。
 引き続き、感染症対策に努めて参ります。

 
12:18
2021/02/16

授業研究会

| by:管理者1

 一宮小では、教員間の相互授業参観を行い、指導技術の向上に努めています。
今回は、1年生図工の参観授業が行われました。

 子どもたちも、教室の雰囲気や用意された多くの色紙に興奮した様子で、
図鑑などを使い、想像を膨らませて楽しそうに作品づくりに励んでいました。

 授業参観後は、参観した授業について話し合いの場をもち、
さらに深い学びになるようにしています。

 今後も、一宮小全体の更なる指導力向上に努めて参ります。
 
 
 
12:12
2021/02/08

昔遊び

| by:管理者1

 1年2組の子どもたちが、生活科の一環として、昔遊びを行い、
 けん玉、羽子板、凧あげなどを楽しそうに行っていました。
けん玉や羽子板に初めて触る児童もいて、使い方に悩む様子も見られました。
 それぞれの児童が作成した凧が、高く高く空に上がっていくと、大興奮となりました。

 

16:26
12345

下記は,一宮小学校のURL用QRコードです。
 
 携帯等で読み取ればURLを入力する手間が省けますのでご利用下さい。

 「トップページ」のURLです。

 http://ichinomiya-e.com

 

一宮小学区の文化財


玉前神社社殿と棟札
(たまさきじんじゃしゃでんとむなふだ)
 【千葉県指定有形文化財】

 平成8年3月22日指定
     一宮町一宮 玉前神社

十一面観音菩薩立像
(じゅういちめんかんのんぼさつりゅうぞう)
【千葉県指定有形文化財(彫刻)】

平成15年3月28日指定
      一宮町一宮 観明寺
 仏像の大きさは総高151cm、年代は像内部の墨書銘から弘長3年(1263)と判明しています。
作者は鎌倉時代中期に房総地域で活躍していた仏師の蓮上で、カヤ材を用いた寄木造りで内部をくりぬき、首を体部に挿し込んでいます。
表面は錆地塗りで、体は金泥塗り、着衣部には漆箔がほどこしてあります。
十一面観音は通常、二臂(にひ・2本の腕という意味)ですが、本像は千倉町小松寺の十一面観音菩薩坐像(国指定重要文化財)や岬町清水寺の十一面観音菩薩立像(県指定文化財)と同様に、珍しい四臂(4本の腕)となっています。
この作者の仏像は市原市にも確認されていて、鎌倉時代中期に房総地域で活躍した仏師の作品として貴重なものです。
    一宮町役場HPより